アフターピルで時間を巻き戻し!

アフターピルを早く手に入れるにはどうしたらいい?

様々な種類のアフターピル避妊具として一般的なものはコンドームです。男性器に装着して射精した後の精子が子宮に侵入するのを防いで妊娠しないようにするものです。しかしコンドームはゴムで出来ているため、装着の仕方などによっては外れてしまったり破れてしまって精子が子宮に入ってしまうこともあります。そのタイミングで女性が排卵日前後の場合には妊娠してしまう可能性が高くなってしまいます。そんな時に利用するのがアフターピルです。一般的なピルは毎日服用することで排卵をストップさせて妊娠を防ぐものですが、アフターピルは避妊に失敗したり、望まない性交渉によって妊娠してしまうのを防ぐために飲むもので緊急避妊薬とも呼ばれています。アフターピルは72時間以内の服用で妊娠を防ぐことが可能ですが、なるべく早めに飲む方が良いとされています。実際にアフターピルを飲んだ場合の妊娠率は、12時間以内で0.5%、13時間から24時間以内で1.5%、61時間から72時間以内で4.1%と時間が経過するごとに妊娠してしまう可能性が高くなります。一刻も早くアフターピルを手に入れたい場合には、近くの産婦人科に連絡をしてみましょう。すべての産婦人科でアフターピルを処方してもらえるというわけではないので、まずは電話で確認して少しでも早く飲むようにします。そんな時間も待っていられない、という人は、事前にアフターピルを購入しておくという方法もあります。海外からの個人輸入という形になりますが、海外で一般的に販売されているものを購入しておいて、避妊に失敗した時に飲むようにします。この方法ならば病院に行く時間も必用ではありませんので、妊娠を避けることができる確率は高くなります。

アフターピルと併用禁止な薬は?

アフターピルと併用禁止の薬を訴える女性女性としては望まない妊娠は絶対に避けたいですよね。そしてそれを避ける方法としてアフターピルがあるのです。アフターピルはホルモン剤です。これを飲むことによって、妊娠をしたかもしれない性交渉後の妊娠を避けることが可能になります。そしてこの効果をきちんと発揮させるためにいくつか知っておくべきことがあるのです。それはこのアフターピル以外の薬とアフターピルを一緒に飲んでもいいかということです。通常アフターピルというのは医師の診察のもとで処方されます。そのために産婦人科にいってもらうことが多いのですね。医師が処方するときには、今かかっている病気があるか、今飲んでいる薬があるかどうかを確認されるはずです。そしてもしも飲んだらいけない物があればそれを中止して、アフターピルを優先して飲むことになるでしょう。そのために診察時には、自分の症状や薬について正しく申告することが大切です。しかし中にはアフターピルを通販で購入しているという人もいます。この場合は、自分で判断して飲まなくてはいけないですね。そのために一緒に飲んではいけない薬を知っておかなくてはいけません。例えば併用禁止とされている薬はテトラサイクリン系、そしてペニシリン系の抗生物質とグリセオフルビンというカビに対する薬、場ルビツール酸製剤の精神科薬があります。一時的な感染症で抗生物質や抗真菌剤を飲んでいる人もいるかもしれませんね。また向精神薬を飲んでいる女性だっているはずです。これらとアフターピルを一緒の飲みとピルの効果が下がってしまい、妊娠を避ける確率が減る可能性もあるのですね。そのために併用禁止とされている薬を飲んでいる場合は、医師を受診して相談する、可能ならば別の薬で避妊をするなどを対応をすることが大切です。

アフターピル最新記事