アフターピルで時間を巻き戻し!

ホルモン避妊薬アフターピルのメリットは

アイピル(アフターピル)の外箱と錠剤の画像避妊の方法はいくつかありますが、女性自身が避妊できる方法がホルモン避妊薬です。一般的に経口避妊薬、ピルとして知られています。体内の女性ホルモンの濃度をコントロールして、排卵を抑制したり受精卵の着床を阻止し、妊娠を防ぐ方法です。生理周期をずらすことが大きな目的の低用量ピルと、緊急避妊薬として使われるアフターピルがあります。

アフターピルは中用量ピルのことですが、メリットとしては、望まない妊娠を回避するできることです。性行為後72時間以内であれば緊急避妊として産婦人科で薬を処方してもらえます。何らかの事情によって避妊に失敗した場合や、性犯罪や性交の強要などによる望まない妊娠を防ぐことができます。

アフターピルの飲み方は、妊娠する可能性がある成功後72時間以内に1回、それから12時間後に2回目を服用します。72時間以内に服用した時、妊娠を回避できる確率は7~8割といわれています。アフターピルを服用する時間が早ければ早いほど、効果は高くなります。

アフターピルを服用すると早い人で1~3日、遅くても3週間以内には出血が見られます。人工的に整理を起こさせて妊娠を回避するため、ピルによる生理となります。これが妊娠を回避した証拠ともなります。

このようにアフターピルは、女性にとっての避妊のお守りといってもよい薬です。ただ、服用後には頭痛や腹痛、胸の張り、ひどい時には吐き気や嘔吐などの副作用も起こります。アフターピルを服用することは女性ホルモンを投与し、無理に生理を起こさせている状態なので、この薬を利用するときは体に大きな負担がかかるということを覚えておきましょう。いざというときの最終手段として使用することがおすすめです。

アフターピル最新記事