アフターピルで時間を巻き戻し!

掲載記事一覧

  • 2017年4月15日

    アフターピルの服用とコンドームによる予防の比較

    アフターピルの服用は、緊急避妊をするときだけに限られているので、低用量ピルに比較すると、素早く効いて、避妊効果も非常に高いという特徴があります。低用量ピルの場合は、生理周期に合わせて21日間服用し続けることで、避妊効果を継続することができますが、アフターピルの効果は継続しないので、妊娠しないように毎回服用しなければならなくなります。アフターピルは黄体ホルモンを急激に増加させるので、吐き気や腹痛、腰

    記事の続きを読む


  • 2017年3月14日

    アフターピルは甲状腺に持病の人はダメ?しびれる事も

    性行為を行う時は避妊している人が多いですが、中にはコンドームが破けたり低用量ピルをうっかり飲み忘れたりして避妊に失敗してしまうこともあります。このような場合、排卵日が近いなどのタイミングによっては妊娠してしまう可能性がありますが、アフターピルという緊急避妊薬を飲むことでそれを防ぐこともできます。アフターピルとは、名前の通り性行為後に使用するピルのことで、12時間以内に服用すればほぼ確実に避妊効果を

    記事の続きを読む


  • 2017年1月31日

    アフターピルとお酒|生理は避妊成功のサイン

    アフターピルは9割近い確率で妊娠を防いでくれますが、服用したにもかかわらず避妊に失敗するケースもあります。そのようなケースの主な原因は、12時間後に服用するはずの2回目のピルの飲み忘れや、そもそも服用した時点で避妊失敗した性交から72時間以上が経過していたことなどです。まれなケースとしては、子宮外妊娠や、アフターピルを服用した時点ですでに妊娠していたということもあります。比較的多いのは、アフターピ

    記事の続きを読む


  • 2016年12月27日

    アフターピルは皮脂を抑える働きも?ニキビ治療に有効

    アフターピルと言えば、通常は避妊に失敗した場合の緊急避妊薬として使用されます。一般的なピルと違い、性行為後72時間以内に服用すれば効果を得られるとされており、排卵が起きるのを遅らせたり子宮内膜を薄くして剥がれやすくし、受精卵が来ても着床しにくい状態を作ることができるのです。コンドームなどは正しく使えていなかったり破れてしまうことも多く、避妊法としては不確実な方法です。万が一失敗してしまった場合は、

    記事の続きを読む


  • 2016年11月14日

    アフターピルは体に悪い保険も使えないがメリットも

    アフターピルとは、妊娠の可能性がある性交渉をしてしまった時に、あとから服用することで妊娠を阻止する緊急避妊薬のことです。事後に飲むためアフターと付いていますが、日頃から服用して妊娠しにくい身体にする低用量ピルと仕組みが同様です。 ピルの働きとしては女性ホルモンである黄体ホルモンの濃度を高めることで排卵を抑制し、さらに子宮内膜が十分な厚さにならないことで着床を防ぐことができ、また子宮頚管の粘液を変

    記事の続きを読む


  • 2016年10月15日

    ホルモン避妊薬アフターピルのメリットは

    避妊の方法はいくつかありますが、女性自身が避妊できる方法がホルモン避妊薬です。一般的に経口避妊薬、ピルとして知られています。体内の女性ホルモンの濃度をコントロールして、排卵を抑制したり受精卵の着床を阻止し、妊娠を防ぐ方法です。生理周期をずらすことが大きな目的の低用量ピルと、緊急避妊薬として使われるアフターピルがあります。 アフターピルは中用量ピルのことですが、メリットとしては、望まない妊娠を

    記事の続きを読む


  • 2016年9月15日

    母乳や黄体ホルモンの関係とアフターピルは飲める?

    避妊に気を付けている人は多いですが、それでも思いがけず避妊に失敗してしまうこともあります。このような場合、性行為から72時間以内であればアフターピルという薬を用いることで、妊娠を不可能にすることもできます。一般的な人であれば持病を持っている場合などを除いて服用しても問題ありませんが、育児中で赤ちゃんに母乳を与えている人は注意が必要です。 通常、母乳はお母さんの血液から作られます。このため、お

    記事の続きを読む


  • 2016年9月15日

    アフターピルの成功率は?

    避妊に失敗してしまったときに便利なアフターピル。性行為をしてから72時間以内にこの薬を服用すれば、望まない妊娠を避けることができます。もちろん用法や用量を守ることが肝心ですが、それさえしっかり守っていればかなりの確率で避妊に成功することができるでしょう。ただし成功率の高いアフターピルといえども、完璧に否認できるというわけではありません。個人の体質や薬の種類にもよりますが、一般的には妊娠する確率を2

    記事の続きを読む


アフターピル最新記事